夫婦関係を保つ秘訣

長年夫婦をやっていると段々とマンネリしていきますが、良好な夫婦関係を保つ秘訣を紹介していきます。

子供がいても夜の夫婦生活を充実させるために

ラブラブ

夫婦だからこそのスキンシップは必要と感じていても、子供がいると夜の営みはどうしても少なくなってしまいます。まだ2人目や3人目が欲しいなど、計画性を持っているならなおのこと、お互いの協力で機会を作るしかありません。まだ子供が小さいと家族みんな一緒に眠ることも多いですが、もし一緒に寝るなら我が子が寝静まった後に、2人で寝室以外に移動をします。

別の部屋であればよいですから、バスルームでもリビングでもよいので移動をして営みを行うパターンです。我が子の年齢にもよりますし、寝たら起きないタイプだと割と使える方法になります。お互いの時間の融通をきかせることが出来るなら、何も夜の時間に限定をする必要はありません。我が子が家に不在の時間帯があれば、その時間を有効活用すればよいです。深夜を狙うのは意外と難しいのは、家族で暮らす上で仕方のないことですが、チャンスが少なくなるなら日中の時間を使わない手はありません。

昼間でも朝でもとにかく子供が不在の時に、彼らの目につかないタイミングを狙います。それくらい可愛い我が子の存在は大事ですが、家族が増えるごとに営みの時間は難しくなるためです。まだ本当に小さな子供だと家においてはいけないですが、ある程度の年齢でお留守番ができる年代なら、夫婦2人でのお出かけの日を設けます。恋人同士ではなくなった人生のパートナーになってからも、父と母という立場だけではなく、男女という立場のお互いを認めるのは大事であり、デートだってするべきです。

たまに2人だけで出かけるデートは新鮮であり、そのままの流れでホテルに行けば問題はありません。結婚をするとどうしてもパパとママの間柄いなりやすいですが、2人だけで出かけるとカップル時代にタイムスリップしたみたいに、新鮮な淡い恋心も思い出してスイートな時間になります。周囲の協力を得られるなら親に子供の世話を任せることも悪くはないですし、世の中にある家事代行サービスを活用して、夫婦の時間を確保するのも良い方法です。

Copyright(c) 2018 夫婦関係を保つ秘訣 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com