夫婦関係を保つ秘訣

長年夫婦をやっていると段々とマンネリしていきますが、良好な夫婦関係を保つ秘訣を紹介していきます。

夫婦関係を保つ秘訣

結婚する夫婦もあれば離婚を選択する夫婦もいるなど、最初のうちはラブラブでアツアツだった夫婦関係は簡単に冷え切ってしまい、一気に離婚の道を突き進むケースがあります。その一方で何十年も夫婦関係を保っているところが多く、その中には今でもラブラブという夫婦もいます。

 

多くは年齢を重ねていく中で冷え切ってしまい、世間体を考慮して渋々関係を維持しているケースが多いです。結婚した当時の熱量をそのまま維持することは難しいにしても、それに近い熱量を維持していくためにはいくつかの秘訣、考え方が大事です。

そもそもなぜラブラブでアツアツになることができたかですが、一緒にいる時間が楽しいことが大きいです。では一緒にいる時間が楽しいのはなぜか、それはお互いのことをそんなに知らず、とにかく相手のことを知りたいと思うからです。例えば好きなものに出会えば長い時間それだけに割くことができ、1日中ずっと遊んだり調べたりできるものです。

 

結局のところ、完全に対象となるものを知っているわけではないからであり、少しでもそれを知ろうと調べていくことで自分の欲求を満たそうとします。だからこそ、熱量を維持できるということです。

夫婦関係にもそうしたことは言えます。常に一緒のルーティンではつまらなくなり、底の浅さが露呈すれば一瞬にして興味を失うものです。どれだけ楽しいおもちゃでも遊び尽くせばつまらないように、長い時間にわたって一緒にいたことにより、すべてを理解してしまい面白い部分を見出せなくなると段々とつまらない存在に思えてくるのが人間です。

趣味においても、仕事が趣味のような人はほかに趣味がないために、人間としての広まりがありません。子供の教育費などのために一緒に住んでいるけど手が離れれば離婚するという現象はいわば必然です。

もし夫婦関係を維持するのであれば、まずできることはお互いに新しいことに挑戦をし続けるということです。そして、自分のためにこれだけのことをしてくれていると思わせることができれば相手に対する興味をずっと維持し続けられるものです。

 

一方で趣味に走り続けて家族から総スカンを食らうケースもありますが、この場合は子供を巻き込んで楽しそうな姿を見せることで趣味を容認してもらうことも必要です。それぞれで趣味を持ち、自分の時間を確保することができれば、少なくとも早々に相手への興味が尽きることにはならないです。

夫婦水入らずの時間も当然必要ですが、お互いに自由に使える時間を確保してそれを容認することも重要です。今日は子供の友達のお母さんたちと遊びに出かけるとか、大学時代の友人と飲みにいくなどのことをしてお互いに自由な時間を使うことが求められます。子供の世話はそれぞれで行って確保すれば、お互いの大変さにも気づくはずです。

束縛がきついところでは、ちょっと遊びに行くだけで浮気を心配する人がいます。しかし、束縛をしてしまう時点で自分自身にある程度の落ち度があります。関係を保つ努力を放棄しているのと同然であり、束縛はいけません。

束縛のきつさを象徴するのは記念日の多さです。最近の若い人は、この日に出会ったとかこの日に付き合い始めたなどと記念日を作りたがり、付き合ってから3ヶ月の記念日などいちいちカウントをして悦に入る人がいます。たいていの場合、こうやって記念日を作るケースはちょっとしたことで関係が壊れます。

特に女性はこうした記念日が大好きですが、結婚記念日すら忘れてしまう男性が多いように男性は記念日に愛着がさほどないです。記念日で縛ることは明らかな束縛であり、これでは夫婦関係を保つことは難しいです。

 

せいぜい記念日を作るにしても結婚記念日程度にとどめることが求められます。そして結婚記念日もお互いに忘れてしまうようなぐらいが実は関係を保つにはちょうどいいと言えます。付き合うまでの過程よりも今を大事にしている証拠であり、未来に向けて頑張りやすくなります。

もちろん記念日自体を完全になくすべきと言っているわけではなく、もし忘れてしまったとしてもなぜそれを忘れたのかと咎めることは避けなければなりません。誕生日と同じ感覚の人もいればそうでない人もおり、そのあたりの認識はお互いにすり合わせることも必要です。

 

家庭内別居という言葉がありますが、これはお互いに寝室を別々にするということです。一見するといいイメージではありませんが、これも実は大事なことです。旦那のいびきはよくあることですが、お互いの寝方や寝るまでの過ごし方にイライラすることがあるために、それならば自由に寝られるような状況にした方がちょっとしたことでケンカをせずに済みます。

決してお互いが嫌いになったわけではなく、あくまでも自分の感覚で寝られるようになるというものでもあります。ある程度の距離を置いて、お互いに趣味を見つけて没頭する時間があれば夫婦関係は保てるものです。

Copyright(c) 2018 夫婦関係を保つ秘訣 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com